2018.5.16あさしぶ3.jpg

​​​​蜂巣もも

演劇・演出家

戯曲が要求する極限的な身体を引き出すことで、圧縮された「生の記憶」と観客が出会う場所を演出。​​

1989年生まれ。京都出身。2013年からより多くの劇作家、俳優に出会うため上京し、青年団演出部に所属。 また、庭師ジル・クレマンが『動いている庭』で提唱する新しい環境観に感銘を受け、岩井由紀子、串尾一輝、渡邊織音らと「グループ・野原」を立ち上げる。

演劇/戯曲を庭と捉え、俳優の身体や言葉が強く生きる場として舞台上の「政治」を思考し、演出を手がける。円盤に乗る派、鳥公園にも参加し、演出、創作環境のブラッシュアップをともに考える。


撮影 吉原洋一『あさしぶ』より

 

​​上演記録

2011年 卒業制作『だれか、来る』(作 ヨン・フォッセ)上演

京都・春秋座舞台裏倉庫、舞台上舞台にて
2012年 『寿歌』 (作 北村想)上演

京都・東山区青少年活動センターにて
2014年 『授業』(作 ウージェーヌ・イヨネスコ、翻訳 安堂信也/木村光一)

東京・アトリエ春風舎にて
2015年 久之浜ワークインプログレス能『弱法師』(作 観世元雅)

東京・アトリエ春風舎にて

同年  無隣館ショーケース『3 youth on the sand』より『不眠普及』(作 綾門優季)

東京・アトリエ春風舎にて

2016年 sons wo:『水』(作 カゲヤマ気象台)

東京・アトリエ春風舎にて

2017年 『木に花咲く』(作 別役実)

東京・アトリエ春風舎にて

同年 どらま館ショーケースより『愛するとき死ぬとき』(作 フリッツ・カーター)

東京・早稲田小劇場どらま館

2018年 AnK改名記念公演『キリグス』より『インクルージョン』(作 山内晶)

東京・北千住BUoY

同年 利賀演劇人コンクール出場『冒した者』(作 三好十郎)

​富山県南砺市利賀村・岩舞台

2019年 青年団若手自主企画vol.77 ハチス企画『ハッピーな日々』(作  サミュエル・ベケット 翻訳:長島 確)

東京・アトリエ春風舎にて

同年 鳥公園のアタマの中展2『おねしょ沼の終わらない温かさについて』リーディング上演(作 西尾佳織)

東京。東京芸術劇場アトリエイーストにて

同年 フェスティバル/トーキョー19連携プログラム 青年団若手自主企画vol.79 ハチス企画

『まさに世界の終わり』(作  ジャン=リュック・ラガルス 翻訳:齋藤公一)東京・アトリエ春風舎にて 

2020年 円盤に乗る派『おはようクラブ』(作 カゲヤマ気象台 共同演出 カゲヤマ気象台、蜂巣もも)東京・吉祥寺シアターにて 

同年 『The Lesson』リーディング上演(作 ウージェーヌ・イヨネスコ、翻訳 安堂信也/木村光一)​東京・アンスティチュ・フランセ東京にて​

 

お問い合わせ

 

©2020 by 蜂巣もも Wix.com で作成されました。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now